ミュークルドリーミー 5話 「ことことコトコト」 感想!

じっくりことこと

煮込んでお笑いコンビと戦っていく

 脱脂粉乳が結成されたことによって周りが皆お笑いコンビに見えてくる。これから数多の芸人たちを退けてお笑いコンビ脱脂粉乳としての地位を確立することが出来るのだろうか?ユニツギハギのトリオはこれからしばらくの間は強力なライバルとなりそうな予感はしてくるけれども。

 夢の中に入れる人数制限があるのは意外ではあるけれども何かしらのルールが撤廃されていつの間にかお留守番制度もなくなりそうな予感は少なからずある。ドリィミィメイトだけがいろいろと入れるのにもちょっと悲しものがあるっていうか何か引っかかるところを感じるところではあるんだよな。何か裏がありそうでなさそうで。

 この手の作品でそれこそ部活動が全員違うというのも珍しいところではあるよな。これほどバラバラだからこそ作られる話もありそう。違うことでそれぞれの成長を別角度から描くというのもありかな?ゆめの走りが今回の描写で成長として描かれたように。

 次回 「はじめての中間テスト」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク