本好きの下剋上司書になるためには手段を選んでられません 第2部 23話 「収穫祭のお留守番」 感想!

ブラッティカーニバル

平民の癖に生意気だ2

 ベンノさんがほめたと思ったら最終的にいつも通りだった件。マインを困らせようとしたら逆に喜ぶこれが本好きというか本狂いだからこそ出来るのだろうと。あれだけ嫌がらせを受けてもポジティブシンキング出来るマインの心のばねは見習っていかなければならないところでもあるだろう。

 本格的に活版へと移行というか手の届きそうな感じになってきているけれどもマインが見習いってことと神殿の風習がこれから先もマインを苦しめていくことになってくるのか。冬の間の神殿での作業はマインにとっての一つの分岐点でもあるのだろうか?嫌がらせ部隊の攻撃も激しくなってきそうだ。

 ということもあってかマインのSD劇場はこれから少なくなりそうでもある。シンデレラの話も神官長に夢も希望も潰されてしまうわけではあるからまだまだ戦いわなければならないマインではあると思う。

 次回 「騎士団からの要請」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク