MAJOR 2nd-メジャーセカンド-(第2シリーズ) 5話 「野球女子の実力」 感想!

なめてはいけない相手

初試合

 新生チームのお披露目だからこそこの書店は相手をどこまでなめさせていくのかというところも重要であったというところあるけれどもそれは初回の3点によって打ち消されたように感じられると同時に相手の監督がそれを許してくれなかったというところも大きいように感じられる。

 色眼鏡で見られるからこそ色眼鏡で見られていることを利用する。まさしく初回の3点はそれがはまった形にはなっていると思えるところ。はまりすぎてこれからが大変にはなってしまったところはあるが。どこまでこのラッキーな3点を実力の3点として守り切っていけるのだろうか?

 なんだかんだで風林には監督がいないというのがこれから大きなポイントになってきそうな予感もする。大海を見るかのようにチームを贔屓せず客観的な視点で見てくれる存在が。

 次回 「バックアップ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク