とある科学の超電磁砲T. 15話 「やくそく」 感想!

その輝きに手を伸ばして

大覇星祭完結エピローグ

 休み休みしながらもどうしても長期に休まずに大覇星祭編をやり続けたのはこの話の為だよなぁ。このエピローグあってこその大覇星祭編であると思うと同時に看取と操祈がメインになったその瞬間でもあると思えるところだ。黒子のケガ(シリーズ的な意味合い)も様々な意味で長く続いていたところはあるわけでね。

 幼き頃にしたあの約束。それぞれの行動というか繋がっていることがそしてそれが報われることになるというのはいいよね。この味わいは長くシリーズをやってきたからこそでもあると同時に想いが成し遂げられたことに対する達成感もありよい余韻が作られていたように感じられるところではある。

 このエピローグのエピローグも展開してほしいところではある。スピンオフのスピンオフのスピンオフとかやってもいいんだよ?長かった分この話だけでも報われる。

 次回 「天賦夢路-ドリームランカー-」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク