SHIROBAKO 11話 「原画売りの少女」 感想!

希望のともしびは消えない

モザイクなしでもOKでもモザイクにすることだってあるんだ。

 ドラ〇モンがコロ助描いている…また怒られそうなところを一気に踏み抜くのは努監督の作風でもあるからこのあたり致し方ないのかもしれない? 庵野監督がモデルであろう名前が出てきたけれどもここまで来たらジブリまで登場しそうな感じはする。 劇場版ヤマト2199ではそんな現役の庵野監督の最新原画シーンがある。だからこそ現役ってのは間違っていないけれども本当にこの作品に関わるとしたら板野さんみたいにオーディオコメンタリーだろうなぁ。SIROBAKOと同じような応援企画?見本市やっているし。

 近所だから応募しました。やなんとなくってのはPAで実際にあった案件なんだろうな。それこそ情熱だけでもやっていくことは難しい世界ではあるから、そう考えるとボンズの南さんの考え方というか新人威圧面接はある種業界を考えると正しく見える。 だからこそ正人社長のやさしさも際立つ部分ではあったりするところではあるかな? でも結果が顔に出るからこそナベPみたいにやりたくないって気持ちも分かる。

 あと少しではあるのだけれども次回でえくそだすの制作はすべて完了するのだろうか? ちょうど節目であることは間違いないわけだし物語的にも完成させてほしいところではある。 武蔵野アニメーションも新たな局面に差し掛かっている訳だしな。どう1クール目を落とすのか楽しみだ。

 次回 「えくそだす・クリスマス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク