ID:INVADED イド:インヴェイデッド 4話 「EXTENDED 燃えさかるビルの世界」 感想!

殺意の模倣

この世界治安悪すぎじゃね?

 連続殺人事件どんだけ起きてんだよ。ってあれか名探偵のロジックというか名探偵がいるからこそ事件が起きる的なことを箱庭の世界の中でやっているということでもあるわけだ。模倣犯もいるということはそれこそ模倣犯の模倣される存在もいるヒントが一介につき一つぐらいしか出てこない作品でもあるのかな?

 殺意を拾ってイドを形成して事件を解決する。どうやってイドを作っているのかというところも分かってきたわけではあるが殺人犯が殺人事件を解決するってシステム自体はサイコパスのシステムに近いように思えるところではあるな。社会利用を限定的にしているのがこの世界ではあるけれども。

 酒井戸はそれこそ殺人犯皆殺しにしないと満足しなさそうな勢いでもあると思えてくるところではある。彼の心に住まう殺人鬼が姿を現すのはいつになるのだろうか?

 next #5
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク