ランウェイで笑って 2話 「プロの世界」 感想!

一つの命取り

足を踏み入れたら

 一瞬で噛みつかれる世界。力が合ってmおいとも簡単に通用する世界ではない。力だけでのし上がっていくことのできる世界なんてそうそう出会えるものでもないしかつその世界にやってきたとしても力を持っていな変えれば意味がない。そういった意味では植えたライオンたちと戦っていかなければならない世界である。

 なんで勉強を必要とするのか?の答えでもあるよな。大人というライオンたちに自分自身を食べ尽くされない様に知恵と力をつけて社会で戦っていくために勉強が必要。社会から少し隔絶されて守られていくのはその力をつけるための準備期間でもあるといえるのである。ライオンたちの餌になりたければ話は逆ではあるが。

 書舞台でいきなりライオンたちに囲まれても早く食われ尽くしてしまう寸前ではあるけれどもだからこそ窮鼠猫を噛むではチャンスでもあるといえるのだ。

 次回 「ランウェイで笑って」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク