結城友奈は勇者である 12話 「貴方に微笑む」 感想!

その微笑みを賛歌に

物語は結末へ

 言葉として表現するには何とも難しい感じがするところだ。なんだろうな自分が夢見たものとは違うけれどもでもしっかりと着地しているように思えてとても言葉としてこの作品を表現するには難しいところに来てしまっているように思えて他ならない。確かにハッピーエンドにも見えるけれどもその裏側にはバットエンドの要素も見え隠れする訳ですべてがすべて片付いたわけではないですし。

 ケンカをしてこそ友情が育まれる。最初の人形劇でも勇者と魔王は殴られて和解することが出来たからこそその部分を友奈と美森のシーンに繋げているのだろう。でも友奈が勇者というのは想像がつくが最初は魔王的存在が美森だとは思っていなかったけれども。 このあたりはいろいろと考えられる部分ではあるのかもしれないなぁ。魔王という存在を考えると一つの存在的意味合いではないような感じはするところ。

 すべてを無くしたハッピーエンドなのか、それとも裏側では壮絶なバットエンドなのか。いろいろと判断材料はあるけれども最終的な判断は完全に委ねられている部分ではあると思う。世界構図はそのままではあるのは確かだし、風達は助かったというのも事実だし、友奈は勇者ということで勇者を続けているというのもある種事実としては存在していそう。何かを得るためには同等の犠牲と努力も必要だとしたら死が防がれたのは銀が神の一部となったからで供物が返されたのは友奈が神の一部となったからというのも…。

 この作品の中のメッセージはいろいろと出していたしその辺り十分に出せていたとは思う。 この先に何があるのかは分からないが何か見えてくるといいな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク