結城友奈は勇者である 11話 「情熱」 感想!

その灯火は絶やしてはならない

勇者として

 ほぼバトルオンリーな回になるとはちょっと想像していなかったというか美森がラスボス的な立場になるとは想像していなかったという部分が大きいかな。今回で妥協点みたいなものを見出すと見ていたので…ということは1話の演劇からすると魔王=美森であって話し合って和解で壁を完全な形で塞いでENDとなったりするのだろうか?

 大赦の勇者ではなく勇者部の勇者として。途中から入った夏凛がいうからこそその言葉の重みというか決意と変化が大きく出ているように思う。 大赦の勇者としてという行動を軸に持っていたからこそ夏凛が勇者部五箇条をいうのは大きな変化であり、自分が買われたように美森も変えられると信じたのだと。 連続して満開したのもある種この後のことはすべて任せられると仲間を信じるきることが出来たからの行動であるように思う。

 自分の中では美森が完全な悪だったとか考えにくくて感情が混濁するのだけれども、だからこそみんながいい形で終えられることを願いたく思う。 悩んだ結果、信じた結果・行動した結果が今の形なのだからそれを受け入れるしかないけれども「後悔」をいう気持ちだけはこの作品として残してほしくはないなと。
 なにともあれラスト1話どんなラストが待ち構えているのだろうか? OPのラストシーンのような方を夢みたい。微笑みが微笑みを生むラストを。

 次回 「貴方に微笑む」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク