この音とまれ! 22話 「決戦の朝」 感想!

運命の場所

全国への道

 全国へ行けるかどうかそのすべてがこの場所で試されるイ。ライバルはそれこそ未知の相手ばかりであるといってもいいので演奏技術を簡単に自らの者へと手にすることができるわけではないわけではあるし、この大会で結果を残すことができるのだろうか?誰もが欲する結果を

 晶さんが覚醒したのでもはや敵なしになってしまった、一気に家元とばーさまを連れ出して演奏を聴かせるようになるだなんてな。数話前の晶さんだったら考えられないことをやっているといってしまってもいいと思えるところではあるわけで。この変化こそが新たな変化を呼び起こすのだといえるのかも。

 大会結果まで見られるだろうか?時間的なことも考えるとそこが少し心配になってくるところではあるんだよな。演奏のみラストで見せる形かも。

 次回 「王者の覚悟」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク