アサシンズプライド 8話 「ある骸骨の遺言」 感想!

箱庭の中で

壮大な実験場

 学園の受け入れしたのも実験体を増やすためというところではあるのだろうけれども、それこそ徐々に取り入れていけばいいかもし例が一気に取り入れてしまったk十によって今まで隠してきた事柄が一気に噴出してしまった感じだ。もっとじっくりやっていれば向こうさんの実験は完成していたのかもしれない。

 クーファはどこまで気づいていたのだろうか?最初からなところはあるのかもしれなくけれども隠れることによって尻尾を出すその瞬間まで待っていたのだろうか?>それによって自らの隠してきた正体が一番ばれてはいけない人の一人にばれてしまったところは否めないところはあるが。

 一連の事件も次回で解決させてその次からはアニメとしてのラストターンになってくるところではあるかな?まま今回の事件はきれいな終わり方にはならないだろうけれども。

 次回 「悠久の契約」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク