アカメが斬る! 24話 「アカメが斬る!」 感想!

生き続けることへの意味

ラストかぁ

 うたわれるものが再会がテーマだとしたら、アカメが斬るは離別がテーマなのかな?それこそうたわれチームによる新作がうたわれとは別のテーマいわば真逆のテーマを出したってのは大きな意味合いのあることであるように思う。アニメオリジナルとして決着をきちんとつけたのもよかったところではあるかな?

 最後の最後にドラマ要素をほぼ抜きにしてアカメとエスデスの勝負に時間を割いたのはよかったかな?  大規模戦闘のラスとは前回だったけれどもこうしてラストにも見せ場をしっかりと出したのはよかったと思うところ。そしてエスデスはエスデスらしい終わり方をアカメはアカメらしい終わり方をしたのもよかったように思う。
 タツミ争奪戦が意外な形でエスデス勝利で終わったのには驚いたけれどもこの作品だけにありなのかもしれないな。

 革命は成功し、すべての闇はナイトレイドにさらにはアカメが全部背負う。 全ては成功したけれども何とも言えない寂しさもあるように思う。 闇を背負った時点から公安るのもまた運命だったのかもしれないけれどもね。
 生と死別れを描きつづけたことそれに意味合いを見出した作品ではあったかな?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク