ぼくたちは勉強ができない 21話 「ゆく[x]の流れは絶えずして…」 感想!

気持ちは遠距離でも

うるか回

 うるか一本に絞ってくるのはちょっとアニメシリーズとしては珍しい感じのするところではあるなぁ。いつもうるかメインの時はAかBのみにとどまってしまう可能な印象が強かったというかそんな感じが心のどこかに住み着いているような感じになっているのは一体何のせいなのだろうか?

 うるかの微妙な心。押し出したいけれども押し出すことができない気持ち。でも刻々と期限は迫って来ているのだけは確かなので。それこそ自分自身のやりたいこと都自分自身のもう一つの気持ちをうやむやにしたくない気持ちとうるかの中の気持ちはそれこそ猪突猛進とはいかないわけでそこでうるかもいつかちゃんと答えを出さなければならない時がやってきているんだよな。

 うるかの答えがどこに行きつくことになるのだろうか?しかし次回文乃メインの2話編成かよ過去の話も含めてやるとはやらないものというかできないものだと思っていたのに。

 次回 「最愛の星に[x]の名を(前編)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク