Fairygone フェアリーゴーン 19話 「悲しい声と黒い本」 感想!

兵器の声

神獣

 マルコの目的が大まかに見えてきたことによって物語の終わりどころも見えてきたように感じられるところではある。ようやく着地が見えてきたことによって大筋を終える段取りはできてkチアわけだがここの目的や行動と言った事細かなところはそれこそまだまだ油断を許すことはないだろう。

 1話丸っと時間をかけて敵方を固めていく。マルコのやっていることがそれこそもっと早くに見えていればよいところもあるけれどもな。それこそベルの復讐都繋がりもよりそこで見えていればクライマックスをより演出することもできたかもしれない。まだ本当のクライマックスではないけれど。

 分断された主人公たちが一つの目的に向けて集まり始めたように思う。最終的にマーリヤだけになってしまいそうな雰囲気もちらほらあるけれども全員生きては帰さんだろうしな。

 次回 「はじまりの森」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示