星合の空 -ほしあいのそら- 6話 感想!

力には頭で対抗

練習試合

 翅と晋吾のペアの戦い方がまさしく中学生って感じの戦い方だ。ルール上は問題がないとしてもこの叩き方を大会で使用することはできないだろうし、急遽作ったとはいえある種ケミストリーを起こすチームではあるのかもしれない。それぞれのコンビが試合を経てどう強くなっていくのだろうか?

 御崎学園との練習試合がそれこそ2話編成になるとは思っていなかったな。試合に集中しているだけによりノイズから何もかも忘れさせてくれる瞬間でもあったように思えるところではあったように思えるところだ。その瞬間がこれからより長く続けばいいのだがそう簡単には事は運ばないだろう。

 試合も人間関係もそうではあるのだが、試合を経ることによってちょっとだけでも前進していくのであればそれこそ人間関係にも前進がみられることになってくるだろうか。

 next #7
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示