劇場版アイカツ! 感想!

夢と希望とこれからの道

劇場でもアイ・カツ、アイ・カツ!

 ということで劇場版アイカツ!見に行ってきました。 TVシリーズのアイカツ!は溜めこんでしまっていてそれこそTVシリーズ現状の10分の一も見れていないくらいなんだけれども、折角劇場上映と相成った訳ではあるし、1・2期シリーズの集大成的な劇場版になることは予想がついていたのでこの機会により本格的なデビューをしてみました。

 大スター宮いちご祭りとなっているだけあって1・2期の主役であるイチゴが主役の物語。3年目(3期シリーズ)では主役を後輩のあかりに託しているので、今回の劇場版の主役となったあかりはまさにこの劇場版で大スターへと駆け上がる頂点を極める集大成となっているように思う。すべてがいちごの為に用意された物語でありそれでいて3期へつなぐ意味をより持たせている作品でもあるかな?

 元来子供向け作品のパンフレットはキャラクターやグッツ重視でスタッフクレジットだったりスタッフの色紙だったり大きな読み物はあまりないのだけれどもこのアイカツ!には存在していてある種感動を覚えた。男児向けなら多少なりと存在するのだけれども女児向けですよ女児向け。 映画の中で出てきたパンフレットも一部再現しているし子どもたちだけではなくアイカツおじさんおねえさん向けの部分もあったのはよかった。

 
テレコム・アニメーションフィルム・アニスタ神戸・TYOアニメーションズ・ブレインベース・セブン・アークス・アニメアール・ディオメディア・スタジオカラー・pアイムズ・ガイナックス・コメット・シナジSP・ディーン・キネマシトラス・グラフィニカ・サンジゲン等々サンカスタジオはそうそうたる面々で構成されているのが特徴。 

 ライブシーンはTVシリーズから特別にチューアップされている感じはそれほど受けなかったかな?どちらかと言えばもう少しだけ観客や観客席の方をチューアップさせてほしかった所ではあるけれども、影のつけ方はちょっと上手いなぁと思った。、アイカシステムがないところでのダンスシーンはCGと手書きが浮きあわないようには十分配慮されていたように思う。

 美月からいちごへ、いちごからあかりへ夫この作品はアイドルの入れ代わりというか時代時代トップが入れ替わっていくことをそれを当の本人たちが重責や覚悟をどのように引きついていくのか青のあたりを描き出した作品のように思う。
 イチゴは自分をアイドルの道屁と誘ってくれた美月にライブを誘って自分の成長を見てほしかった。逆に三月は入れ替わることをに満足感を憶えてライブにもいかず引退するつもりだった。この両者の考え方の違いというか次代につないでいくことへの現トップと次期トップの考え方の違いそういったところが重視されていたように思う。

 言葉として語るのは難しいけれどもライバルだからこそお互いを高め合うことも助け合うこともできるし、自分自身の力で強くなろうともできる。お互いに友達からこそライバルだからこそ感謝の言葉をいうことが出来る。ラストの美月・いちご・あかりの3人の絡みが一番この作品で出したいことをうまく出していたように思うところではあるかなと思う。 このあたりはまさに子供たちの為に子供たちに受け止めてほしい部分であったかなと。
 
 しいて言えばあまりあかりの物語としてどうつないでいくのか明確にならなかった部分、彼女はメインチームだけれども役割の中には組み込まれていないしし、もっとみんなとの縦鼻風景だったり練習風景だったり、本番での様子だった利を見たかった部分。でも限られた時間の中で起承転結あかりの集大成にするのは難しい部分もあるから致し方ない部分ではあるかなと。 出来るだけ主要キャラクターを出そうとした結果ちょっと出番が少なくなっている所は少々残念名ところではある。 もう少し新規曲は欲しかったかな?既存曲を連続でってのはもう少しフォローして少なくしてほしかった。
 それでもファンならばきっちり楽しめる作品には仕上がっていたように思う。シリーズのフォローは少ないので新規入会としては難しいかな。「?」がついてしまうところはほぼあるだろうし。

 でも集大成的な作品であることは間違いないわけで、いちごの物語からこれで明かりへと物語が引き継がれたようにも思う。 2期は今のあかりたちがメイン主役の話になるだろうからどういった受け継いだものを出して偉大なる後姿に追いつこうとしていくのか楽しみではありますね。その時には更なるアイカツの真価も見れそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク