ぼくたちは勉強ができない 19話 「彼らは安んぞ面する[x]の志を知らんや」 感想!

自らが見る世界と他者が見る世界

真冬回

 銭湯から面接まで真冬回であった。父親の話が出てきていたけれども真冬の過去の話はこれから出てくるのだろうか?というかアニメとしてやる機会があるのだろうかと思えるところではあったりするところではあるのだけれどもね。まあ見てみたい気持ちのほうが大きいけれども実際見られるかって言われたら。

 圧迫面接というか知っているからこそ的確に急所をつける面接だよな。まあこれをこなすことがクリアすることができればそれこそどんな面接もクリアすることが可能ってところはあるのだろうと思えるところではあるけれども。まあそんなに簡単に急所を突かれて交わすことができれば人生楽だと思えるけれど。

 弟と妹が嫁を量産してくる件でもそれはお眼鏡にかなっているというところもあったりするところではあるのだろうといえるところもあるかな?将来的にちゃんとやっていけるかどうか見抜いているともいえる。

 次回 「人知れず天才は彼らの忖度に[x]する」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示