星合の空 -ほしあいのそら- 5話 感想!

同じ空はもう掴めない

練習試合

 凜太朗も事情を抱えていたのか。きっと今回のことがなければずっと一人で抱えていたんだろうな。そうすることで自分自身を奮い立てているともいえるしそうしなければきっと気持ちが負けてしまうと感じていたのだろうと思う。誰にでも誰にも打ち明けない過去や出来事ってあるということを出しているんだろう。それを出してくれただけでも受け止めてくれただけでもありがたいんだ。

 練習試合。の前に眞己の話。まさか眞己は最後まで家庭事情を隠すものだと思っていただけに柊真に打ち明けたのは意外なところだった。ラケットの件に父親のことと2人の関係性は深まっていったと思うし眞己がそれこそ父親を乗り越えていくためには必要なバックアップだと思う。これでより仲間が増えれば絶対勝てるのに。

 練習試合は本当に試合を見せることになるだろうからなぁ。12話で運命が描かれることになるだろうし。ここが勝負と思えるところではある。真名を持つ絹代会長も男子ソフトテニスの試合を見て変わるのだろうか?母と祖母に自分を見せるのだろうか?

 next #6
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示