映画 ターミネーター:ニュー・フェイト -Terminator: Dark Fate- 感想!

過去が未来を襲ってくる

T2の続編?

 あれあれ~おかしいな製作に復帰したジェームズ・キャメロンは「新起動/ジェニシス」の時「新起動/ジェニシス」が自分にとっての3作目だ」といっていたのにT2の続編つくちゃったぞ~?いつの間にか自分にとっての3発言がリップになっていたぞ~?しかもこの作品を新たな3部作で考えているとかという情報も出回っているらしいぞ~?一体どれが正史でどれが枝分かれの歴史なのかもはや誰にもそれを選び取ることも感じることもできないのではないところに至っているのではないのだろうか?

 ということで生みの親であるジェームズ・キャメロンT1・T2以来製作として作品にどもってきた作品でもある。あくまでプロデューサーやプロモーターとしての位置が大きいところもあるだろうしかつ監督をやっているわけではないのでこの新たな作品はそれこそジェームズ・キャメロンの手によって作品は管理されるということを声を大にしてジェームズ・キャメロンが伝えるための作品であるのだろうと思える。

 全体の要素としては過去シリーズを世襲していると感じられる。未来からターミネーターがやってきて追っかけっこが始まる。佐志賀に導入部分は過去作やっているからかめちゃくちゃハイスピードに展開していく作品になっていると思う。少なくともサラ登場までは今まで通りであるからこそめちゃくちゃ早い。

 細かな要素を考えると過去作の要素をリミックスしているように思えるところ。新たな女性主人公とかT2の世界だとか人間も未来からやってくるとか過去作に出ていた要素をこの作品で入れてやっていると思えるところではあった。だからこそ新三部作として考えていた歴史的なもの要素的なものをもう一度入れてリセットして新たな展開へと持っていく形を望んだからこその細かな類似点ではないのだろうかと思える。

 続編は確かにできるだろうけれどもそれを考えるとT-800のことはどうするのだろうかと思えるところでもあったりするところ。シリーズになんだかんだで登場しているからこれからも出せるのだろうかと。同型シリーズであれば出せるとは感じられるところではあるけれども。

 敵はスカイネットではなく新たな軍事用AIだったり、ターミネーターは実は過去にも複数やってきていたり、ジョンが少年時代に殺されていたりと全体的なことを考えるとT2から分離することもできるようにされている感じがする。あくまで地続きではあるけれどもパラレルワールド的な別の作品として切り分けることも十分可能な形になっていると言えると思う。

 歴戦の勇者としての底力があるからこそサラが地味に主役奪っていたようにも思えるところもあったりするところではあるが、強い女性像としてではなくジョンとしての役割をダニーが終われるものとしてのサラとしての役割もサニーが持っているというのが現在事情を反映させたものであるといえるだろう。

 やっていることはそれこそ1作目はいつもと同じというところもあるだろうから本格的に変わるのはこれからというところもあるのだろうな…それこそ新起動/ジェニシスのように。

 リブートし続けているシリーズになってしまっているが驚きや驚愕よりも手堅い作品になっていたように思えるところ。手堅過ぎたと頃も強いわけではあるけれどもシリーズはこれからどうなっていくのかな?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示