戦姫絶唱シンフォギアXV 13話 「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」 感想!

光あふれる世界

サソリ「…」

 ちゃんと劇場版に行くことなく負わせることができたか。まあこれ以上この作品世界で広げていくにも最初期からさらなる長期クールを見込んで世界設計されているならばともかくとしてもそうではない世界だから。いったいちゃんと幕を引くことができるのもできそうでできないことではある。

 しかし消えた人たち最終的に出してくるのは笑わせにきているとしか思えないところではあるからやめてほしかったところではある。一人無茶苦茶醜態さらしていた気がする鬼こうして出てくると皮肉屋になっちゃっているのはそれこそあるあるだよなぁと思えてくるところではあったり。

 新たなセカイ。それこそ縛られるもののない世界。これから何をしていくのか未来に響く歌は何になるのだろうか?世界はようやく人間の手にゆだねられたともいえるのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示