鬼滅の刃 26話 「新たなる任務」 感想!

修羅火への道

パワハラ説教タイム

 完璧な擬態をかましているのに声は変えることはしない無惨さまクオリティ。もっとねちねちしていても不思議ではないところではあるけれどもそれこそあっさりさせたのは尺の都合なのか無惨様の都合なのかどっちなのだろうか?ねちねちがやってもうけないというところではあるのだろうけれども。

 義勇さんか完全に禰豆子のために腹切ることになっているがいつの間にかその責に首並べることになっていた感じがしてきてしまうところ。会合で初めて知ってそうだし、そのあたりなぜか無言の度合いが強まってくるところではあるからな。自らの意思でやっているのであればもうちょっと触れるだろうと思えるし。訓練のことは喋ってくれるのに。

 やっぱり映画で列車編かぁ。TVシリーズはそれこそ次につなげるためのプロローグというかいつの間にか立志編ってついているけれどもいいのかなぁ。列車編も立志のような気もしてくるところではあるが。

 next 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示