ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 13話 「時計塔と日常と未来への第一歩」 感想!

いつか満開になることを夢見て

まさかライダー本人出てくるとは。

 メルヴィンさん少し前に輸血してもらったのにもう血反吐はいてるよ。エルメロイ二世としてではなくウェイバーとしての物語に決着をつけた形になっていると思う。だからこそzeroのえい監督を監修としてつけている意味があるのだろうし、アニメ企画が始まった時からの絶対規定路線ではあるのだといえると思う。

 ウェイバーとして追い続けた背中。エルメロイとして出した結果。ようやく肩の荷が下りたといっていたけれども追い続けた背中が遠くなることなく近づけたからこそようやく少しだけではあるけれども花が咲いたともいえるのだと思えるところではある。これからs買いも背中は追い続けていくことにはなるだろうけれども。いつか満開になることを夢見て

 でもウェイバーが成敗戦争を辞退したことによってバゼットさんが殺されちゃうと思うと…あと実際合切参加していたらどうなっていたんだろうな。かなり有利にはなるはずでも策略にどこまでいけるかというところではあるかも。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示