ぼくたちは勉強ができない 14話 「天才と彼はその[x]なる判定に銘々慮る」 感想!

天才は時に反転する

第二クール

 といいつつも作品の作りとしては1期と大きく変わるというわけではないから連続でやっていたとしても不思議ではないところではあったりするところではあるんだよな。2期目はどこまで物語を進めることになるのだろうか?そういったところでは決着点が読めないところではあったりする。

 OVA回は14.5話のつくりか出してくるとは思わなかったところではあるけれども完全に隠蔽するものだとばかり、久々のノリではあるのでテンションを引き戻すのも少し骨が折れることにはなりそうではあるけれども3人メインヒロイン構図というのはこのシリーズでも大きく変わることはなさそうではある。

 天才たちの物語。それぞれのメイン回はそれなりにやることにはなりそうではあるけれどもしばらくはその本筋には足を踏み入れることはなさそうではある。

 次回 「先人の誇りは時に【x】どもの事情と背反する」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示