映画 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド-Once Upon a Time in Hollywood- 感想!

映画と衰退のハリウッド

タラちゃん作品9品目

 監督引退まであと1作品。ということでクエンティタランティーノ監督による9作品目となる作品であり1969年ごろのハリウッドを描いた作品である「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド-Once Upon a Time in Hollywood-」である。ハリウッドが上り調子のころを残す意味と栄華と映画を描くというところを含めてハリウッドというものの光の部分と闇の部分を映し出した作品でもあるといえるのかもしれない。

 CM等では「ハリウッドの歴史・映画の歴史を変えるラスト」と文句が打たれていた作品ではあるが、これが映画的意味あいであるとまんまと誤認させられてしまった。それこそ映画という作品をこれからの映画作品に対する何かを変えるという意味ではなく本当に歴史そのものを変える作品だったからだ。

 しかしながら1969/8/9という日に現実世界で起きたことを作品を見る前に知っているのと知らないとではこの文言に関する意味や本当の作品の出したものをラストの展開に対する意味が完全に違ってくるのではないのだろうかと思えてくるところではある。

 これは映画というか創作物であるからこそできる救い・救済的行為であり、復讐劇であるといえるだろう。創作物だからこそできるだからこそ描きたかったのではないのだろうか? その世界で生き続けることができる幸せでありつつづけることができる。

 リックとクリフ、俳優とそのスタントマンから見る栄華を極めたハリウッド。彼らの関係はそれこそ夢を思うものとして無二の親友として描かれている。完全に雇われの関係を超えた兄弟のような2人。落ち目のリックに寄り添うクリフ、うわさによって忌み嫌われながらもリックに付き従うクリフ。それは表と裏が協力し合ってこその映画であると言っているかのようでもある。

 どん底に堕ちながらもちょっとづつ前向きに進んであれだけクソだといっていたマカロニウエスタンに出ちゃって人稼ぎしてくるところは映画的でもありハリウッド的でもあると思えるところではあったりするところだ。 ここがハリウッドだという夢のある話を描いたように思えてくるところ。

 この作品には若き日のブルースリーも登場している。しかしながらその描かれ方は作中で一番偏っているとも思える。ブルースリーの娘さんがそりゃあこの作品の描かれ方に対して苦言を呈するのもわかる。シャロンの描かれ方とブルースリーに対する描かれ方がそれこそ天と地ぐらいの差があって、なんだかそこに対するものはもやもやするところでもあるんだよな。よいところなしで一方的ともとれる描かれ方であると思えるからなぁ。シャロンとのシーンをもっと出していれば…。
 愛があって悪いところを見せるの誰ばよいところも同じぐらい出さなければならない。一方的な愛は愛とは呼べないのであるのだから。

 在りし日のハリウッドであり夢を描き闇を描き、花束を描いたともいえる作品であったと思う。この味の料理はハリウッドだからでもあると思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示