鬼滅の刃 23話 「柱合会議」 感想!

それぞれが響きあうとき

おへんろ。

 達成まであと一人。というのは置いといて、オリジナルのシーンを足して展開されたお館様編ともいうべきかもしれない編のラストではある。ここから機能回復編をやって列車旅になる前にブラック○○もびっくりのブラックを見せつけてラストを迎えるという展開なのかな?ブラックパワハラで終えることになったらとんでもない自虐っぷりになるかと。

 カナヲがメインヒロインだった瞬間はマジで選抜試験のラストぐらいだよなぁ。まさかここまでほとんど登場することなく物語が突き進むなんてそれこそ誰が想像しただろうか?まあ同時期の3バカがうるさい分その役目も3バカがになっているといっても過言ではないのかもしれないところはあるのだろうか?

 柱会議したのは柱をどう見せるかということになったからでもあるのだろうな。前回・今回だけでは完全にやばい奴らでしかないからなぁ。そう見せないための配慮。

 次回 「機能回復訓練」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示