女子高生の無駄づかい 10話 「ろぼ」 感想!

夢見る友人は母屋の夢を見る

ロボ回

 地味におしゃれやみずぎかいにはロボ回投入されても不思議ではないとは思ってたか10話までかかる?とは思っていなかったところではある。若干ソードアートしているような気もしてくるところではあるが。このキャスティングは狙われていたりするのだろうか?10年にはモルモットになっているのだろうか?

 なぜ友人の家が臭いのかという的確に経験のあることをついてくる本。ロボのそういった試供的本を集めたらないかえられるものもありそうな予感がしてくるところではあるところ。ロボがどうしてオタやバカと一緒にいるのかという最大の疑問も明らかになったというかこの友情は永遠に普遍であるといえる。

 友情が友情を呼ぶ。オタたちが青春を無駄遣いしているのもヤマイがラップしだすのもある種失われた青春時代を取り戻そうとしているからなのかもしれない。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示