かつて神だった獣たちへ 8話 「眠りの歌姫」 感想!

かけがえのない声

たどる道は同じ

 1話で話を完結させるという意味合いも含めるとちょっと話をまとめるというか自然な形にしてもいいよなと思う。結果的には続いていくというところもあるのだから、強制的に排除してしまうというのも残念ではあるといえるところではあったりするところ友人を増やすことによって新たなアプローチをすることができるかもしれないし。

 セイレーン回。シャールとの短い期間ながらも友情を紡ぎだした存在。そして神の存在でなく人としてシャールと出会うことができた存在彼女の存在はそれこそシャールのこれからに大きな分岐点を与えたように感じられるところだ。人の姿で亡くなった年t芽生友情や絆を紡ぎだすことができたのだから。

 それ故にこの別れはシャールに影を落とす部分もあるだろう。迷いに近いものを落としてしまう。それがシャールにとって悪い方向にならなければよいが。

 次回 「冥府の番犬」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示