かつて神だった獣たちへ 7話 「追憶の引鉄」 感想!

もう一度この手で

父との再会

 故郷へ。でも故郷へと帰ってきたことはシャールにとって幸福だったのかそれとも不幸だったのか。再び目の前に現れた父の存在はシャールにとって大きな変化をもたらしたということができるだろうと思える。その変化こそが物語にとって幕引きを図るためのカギでもあるのだろうと。

 今度は自らの手で父との決着をつける。シャールに訪れた自らのための幕引きは、意図せずともそれこそシャールのために行われた幕引きであるということができるように感じられるところではある。シャールが新たな決意をするために父から贈られた最後の贈り物だったのではないのだろうか?

 ハンクと再び出会ったおt気にシャールは変化を彼に見せることができるのだろうか?求められるのはそれであるは確かであるのだから…。

 次回 「眠りの歌姫」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示