彼方のアストラ 7話 「PAST」 感想!

もう一つの存在

順調の先に

 旅は順調に進んでいたからこそいつかはやってくるその時は。船を失ったかに思えたけれども偶然発見されたもう一つのアストラ号は希望なのかそれとも絶望に絶望を塗り付ける形になるのだろうか?その答えは見えてこないわけではあるけれども、物語も後半に差し掛かってきた感じはする。

 それぞれの過去がはっきりしてくる。それぞれン過去がこの場所になぜ集められたのかということに対する答えにはまだなっていないわけではあるけれども、より過去が見えてきたらその形がはっきりわかることになるのだろうか?例えば共通点が発見されたら今まで語られているところに答えがあったり。

 一つ時の希望がそこに。コールドスリープしていた女性は何をもたらしてくれるのだろう?簡単な答えでもそれでもどこかに希望はつながっているのかもしれない。

 next #8
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示