Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 7話 「先輩とはいえ少し黙らせるべきか」 感想!

その背中を支えてくれるから

Re:ステージ

 ついに東京大会予選。まだ始まったばかりではあるけれども、舞菜の物語が提示されることによってこの作品のタイトルの意味合いをより強く出したように思える。今までは一瞬作品タイトルを照らすだけだった光が一気に今回の話でスポットライトを当てた感じがしてくるところではある。

 紗由の物語はやっぱりラストあたりか。ここまで来たら一番強いことにはなるのだろうし、紗由が舞菜によってステージへと上がることを再度結審したというのならば紗由を救うのは舞菜の明確な意思になってくるのだろうと思う。EDでは示唆されていたけれども舞菜姉妹がちゃんとよいままというのもいい。

 それぞれが再度夢を目指す物語。きっかけは些細なものであるのかもしれないがここまで来たからにはさらなる花を咲かせてほしいと思える。それこそこの作品が目指すもの。

 次回 「ノーギャラなんかでやってられない」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示