女子高生の無駄づかい 6話 「まじょ」 感想!

思い出はホルマリン漬けには出来ない

顔ダニでどう無双する

 マジョ登場。妹だけあだ名が無いのは別の学校であるからということでもあるのだろうな。しかしながら双子なのにどこで運命の分かれ道を歩んでしまったのだろうか?地味に異世界転生してきてこの世界にやってき他のではないのだろうかと思えるところもあったりするけれども。出なければ双子でここまで違うのはなかなか無い。

 マジョと波長の合う存在が地味にこの学校にいるってのが大きなポイントではあるよな。どんな理由でもフィーリングが合うというのはマジョにとって大きな人生のターニングポイントになったというのは大きなところではあったりするのではないのだろうか?晩年に人生振り返れば確実にここが出てくる。

 ロリがマジョの趣味によって殺されてしまった感じが。ロリ自身もここが人生のターニングポイントだったのではないのだろうか?異世界転生したら顔ダニだった。これどう世界に立ち向かうのか世界理不尽すぎる。

 next #7
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示