彼方のアストラ 1話 「PLANET CAMP」 感想!

希望をつなぐ道

1時間の1話

 30分の展開にするのではなくて1時間で1話でやったのは確かに正解であるかも。30分だったらそれこそ思惑とは違う方向で話が途切れてしまうからこそちゃんと希望をつなげるところまでやったことによっておさまりよくなっていたように感じられるところではあるかなと。でもなんで上下カットの映画仕様なのだろう?

 映画的な演出を目指してやったというところではあるのだろうか?洋画や洋ドラマを参照にしている部分は少なからずあるだろうな。インターステラーとかその辺りは貼っているだろうなぁと思える。でもアニメにしても映画にしてもこういった宇宙サバイバル物は増えたり減ったりしているからなぁ。アニメとしてこうしたものは久しぶりな感じ。

 この緊張感のある演出をどこまで続けることが出来るのかというのも作品の根幹にかかわってくるところではあるだろうなぁ。それこそギャグテイストはまぎれもなくスケット団ではあるのだが。

 next #2
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示