ぼくたちは勉強ができない 7話 「前任者の秘匿領域は [x] な有様である」 感想!

刹那の瞬間に

真冬パート

 関係性を超えた関係性。それは信頼と呼ぶよりも大きな何かであるといえるところではないのだろうか?文乃と真冬回ではあったけれどもそれぞれの話を入れてつながりを持たせたというところは強く出ているように感じられるところではあったりするところではある。パートで完全に分けたほうがよかったかも。

 掃除できない外では完璧を演じプライベートでは自らをすべてさらけ出してしまう人。ある種このポンコツっぷりこそが真冬がここまでのし上がってきたところではあったりするのではないのだろうかといえるところではある。ある種ギャップがなければここまで一大キャラクターにはならなかっただろうなと。

 文乃の話は後半に控えているものにも通じるところではある。アニメではやらないというところではあったりするわけではあるがこの積み重ねこそ文乃の思い描く曲線でもあるのだと思えるところ。

 次回 「天才の一挙手一投足は時に[x]を翻弄する」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示