映画 パンドラとアクビ 感想!

出会うは一生の宝物

見つけるは災いの欠片

 XFLAG×タツノコプロのまさかのコラボ映画というよりはOVAよりの作品ではあるのかもしれないところではあるが。モンスターストライクの人気キャラのパンドラとタツノコの人気キャラアクビちゃんが奇跡のコラボレーションをした作品となっている。コラボ作品なので基本的な設定も含めてコラボの為に用意されたオリジナル作品。

 主成分としては完全にタツノコ分のほうが多い、モンスト要素探しても申し訳なさ程度にしか存在しないモンスト何それおいしいの?している作品にはなっていると思う。 タツノコが主成分だからこそタツノコヒーローズのキャラクターがわんさかわんさか登場しているという作品になっている。

 ガンちゃんなのに外見はマッハGOGOGOの剛ちゃんだったり、ドロンジョ様もちゃっかり登場していたりする作品、基本パラレルワールドになって言うんで深い意味合いというのは存在しない作品にはなっているかな。その分タツノコキャラが登場したり、パンドラ・アクビのコンビがタツノコヒーロー衣装に着替えたりと普通のモンストではあまりできないコラボをこのアニメでやったという部分は強く出ていそうなところではある。

 本編は2話構成となっていて物語的な意味合いが強い作品とはなっていないから基本的なところはあらすじもない作品になっていると思うしそれこそ目的があら化されているだけで始まりもそこまで詳しくはやっていないからなぁ。

 そういった意味では純粋にコラボレーションを楽しむ作品になっていたのではないのだろうかと思えるところではある。タツノコ的小ネタを楽しむ作品であるところもあるしパンドラとアクビの珍道中を楽しむ作品でもあるし、懐かし系のアニメーションでありつつも今のタツノコ要素が入った作品ではあるかな。

 でもこれタツノコ制作ではないんだよなぁ。モンストにもタツノコにも第三者的な位置にいる制作作品だからある意味凄いと思えるところではあったりするわけで。

 物語的なオチは弱いところもあるだけに先行コンテンツ公開的な意味合いが強い作品でもあったように思えるところではあるといえる。 ゆえに強みみたいなものがないところではあったからもう少し毒味なりなんなりがあってもよかったのではないのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示