ハイキュー!! 24話 「脱・“孤独の王様”」 感想!

戦いの後に

決着

 祐輔の試合後の言葉が何とも言えなかった。それこそ自分の実力をすべて出し切った上での敗北を経験したものそれこそ今回の鳥野高校みたいな経験をしたことがなければ出てこない言葉だったように思う。悔しいけれどもどうしようもないだからこそ感じること。経験したからこそその言葉しか出てこないというか何とも今回の試合がすべて詰まっていたように思う。

 ここまで鳥野と青葉城西の試合が接戦になるとは思っていなかった。どちらが勝者になっても敗者になってもおかしくはない戦いだったかな。ここまでじっくりと描いたことによって本当に手に汗握る戦いが再現することが出来ていたように思えてならない。 一進一退の攻防一人一人の思いや動きがよく出てきたと思うところ。 それこそ試合中の成長ってのをだせていたかなと。

 試合が終わりここからが新たな始まりである。静かに飯を食べている皆々を見ていると何とも言えない感情に襲われた。 次回は後日談的な展開だろうけれどもどういった締めをするのだろうか?

 次回 「三日目」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示