キャプテン・アース 24話 「オーベロン」 感想!

世界の半分をやろう

最終決戦

 前回を見た時はパックの一件どうするのだろう?と思ったけれども一気にまとめてきたなぁ。手先だった存在がボスの意思を超えてボスとなる展開はありがちではあるけれども個人的にパックに求めていたものは今の形とは違うかなぁ。パックにはパックのままというか絶望を感じつつ消えてほしかった。

 遊星歯車装置との決戦はあっさり終わってしまった感じ。どうせならばここを盛り上げて欲しかったなぁ。どうせ戦ったとしてもエゴブロックがある限り…という感じで盛り上げをしなかった印象が強いかな? このままでは遊星側に人間を経験させた意味あいが薄れてしまう感じはするけれども共闘させて人間だったころを活かしてくるのだろうか?

 なんだかんだでハナを救うことなく終わってしまいそうな感じはする。キャプテンとは孤島の存在でもあるように思うしサブタイトルが作品タイトルではあるのでこのタイトルの意味をより的確に表したラストであるといいな。

 次回 「キャプテン・アース」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示