魔法使いの嫁 23話 「Nothing seek, nothing find.」 感想!

朽ち果てた心と朽ち果てない心

時は残酷に

 カルタフィルスとの決戦の時。そして前回は智世の過去が垣間見られたが今回はカルタフィルスの過去が垣間見えた。ヨセフとしてのカルタフィルスの闇は地正常に暗く重く圧し掛かり彼を変えてしまうには十分すぎるぐらいの材料であることは間違いない。カルタフィルスの呪いは本当の意味で呪いと呼べるものであうのかも。

 智世はカルタフィルスを救うのか殺すのか?過去を垣間見たことによって智世と近くも遠い存在であることははっきりした訳ではある死決着をつけに限りまた永遠に同じことの繰り返しとなってしまうことは確かだろう。池泉お選んだ道がそのまま智世がこれから歩く道を照らすこことにも繋がってくる。

 智世の選択。そしてエリアスとの選択。もはや引き返す道はなく決定づけられた道を歩むだけになったように感じられるところ。其の道を歩んだ時に光が差すことになるかそれともさしてはならないものが溢れることになるか。

 next #24
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示