キャプテン・アース 22話 「発動オペレーションサマー」 感想!

最後の夏が始まる

ラストターン

 最終決戦が近づいてきたということもあって一までため込んでいたものを吐き出すように戦闘特化し始めてきたくれたかな?まだまだ物量的には全てを割いている訳ではないとは思うのでラストバトルにはボンズらしい物量作戦を見せてくれることを期待したいところ。遊星歯車装置全員と一気に戦うことになるかもしれないわけだし。

 箱舟派との最終決戦。なんだか箱舟派の攻撃がやたらと巨大化・物量作戦をやりだしてきているのは気のせいだろうか? 移民ということも考えるとその大きさは必要なのかもしれ毛レオも大艦巨砲主義的な感じで肥大化していることを暗に示してしまっている感じはするかな? そういえば久しぶりにパックが登場したけれどもパックの話はどう決着をつけるのだろうか? ついでに倒されたりするのか?

 たった4人だけでの戦いなだけに誰が欠けても負けか。 ここから一番きつい戦いが展開されていくことになるのだろ。次回は疑似の幸せの世界が描かれるのだろうけれどもそこでダイチにとってのハナを再認識させるのだろうか?

 次回 「真夏の夜の夢」
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示