キャプテン・アース 21話 「キャプテンの条件」 感想!

地球を導くもの

全ての準備は整った。

 ようやく?サクヒンタイトル回収。このタイトルを味方側がいうのではなくてレイトという長い間対立してきた人間が喋るということ自体が重要になってくるというか意味合いを増すようにしているのだろうな。個人的にはレイトには敵のままでいてほしかったところではあるのだけれども。

 レイトがダイチに再び関わることによってダイチの成長をより分かりやすく見せることによってこの作品はある種すべての基礎工事を終えたっていえる部分はあるのかもしれない。時間がかかってしまった部分は否めないけれども、綺麗に懸案を消して言っている部分はあるから消えた後に上手くラストへのパッションをあげていってほしいところではあるかな。

 アイは今回わざわざ天海道まで行った回がなかったような感じがしてならない。天海道でやらなくてもある程度のことは出来ただろうし三つ巴の展開にするためにやってきた気はするなぁ。
 自戒で箱舟派のラストシューティングになるみたいだがこのあたり話数掛け過ぎたような。

 次回 「発動オペレーションサマー」
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示