魔法使いの嫁 18話 「Forgive and forget.」 感想!

繋がるほどに分からなくなる

嫉妬

 娘と父親という関係から母親と子供というう関係へ。智世とエリアスの関係性はいつもころころ変わる。それは2人の関係が歪だからこそでもあると同時にまだお互いに子ども同士だからこそであると感じられる。それこそお互いの関係は完全に固まると気ってのはもはやこの2人ではないのかもしれないけれども。

 少しづつだけれどもそれでも前向きに変化する関係性。それは2人にとって必要な時間であることそしてこの時間こそが少しだけに平穏を感じさせる時間でもあると感じさせるところではある。前へ進むことに関係性は複雑さを感じるかもしれないがそれは2人が少しづつ成長している証でもあるのは確かだろう。

 動き出した黒い影。2人にとってある意味で決着をつけなければならない存在であることと永遠に戦い続けなければならない存在である。黒い影との戦いはまだまだ熾烈を極めることになるのだろう。

 次回 「Any port in a storm.」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示