キャプテン・アース 19話 「今は微笑む君だから」 感想!

その顔が変わらないうちに

マシングッドフェロー再始動

 これでオペレーションサマーの下準備は整ったというところだろうか? 遊星歯車装置も箱舟派も迎撃派も残り時間が少なくなってきたことによって大きく動かざるおえなくなってきた感じではあるけれども決戦というか雌雄を決するまでにはまだもう少し時間がかかることになるのかな? でももう少し早くてもいいようには感じるけれどもね。

 パックはどういった感覚なんだろうなあれ。亜本体の自分と端末装置」(マサキ)としての自分。 なんだか混乱してきそうな感じではあるけれども。そろそろボロが出始めてもいいとは思うのだけれども遊星歯車装置が大々的に動き出す、その辺りでボロがで始めるのかな?

 マシングッドフェローが本格稼働したことによってダイチたちの戦力は大幅に上がったかもしれない。でもハナが狙われ続けていてはそこまで本来の実力を出し切ることなく終わってしまいそうな感じもする。 ハナ関連というかこの作品のメインストーリーもこれで収束へと向かい始めたことにはなるか。
 しかしながら予告でソルティドッグも動き出すって今までは何だったんだろうと…。

 次回 「サテライトジャック」
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示