Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM- 感想!

新たな月夜の幕開け

Fateどんだけアニメ化するんだよ。

 2年連続2回目。これ3年目も普通にやりそうだなと感じられるところではあったりする。完結や霧の良いところがある作品が少ないからこそその辺りはネックになってくるところではあるし、Fateと言えどもオリジナルストーリーをバンバン作り出すってことも不可能だし何時しか月姫もアニメ利権を譲渡してもらいそうだ。というかガールズワークはどうなってんだよてめー。8年経ってるんだぞ。

 カルデアの何気のないようで何気ある一日。1部と2部を繋ぐ物語。繋ぐ物語であるからかドサーヴァントたちの物語りは非常に少ないのがポイントであるかな? きのこさんが直接脚本を初めてTVアニメとしては描いている作品ではある。アニメ1話分の短編とはいえこの雰囲気や物語運びがそのままFate/EXTRA Last Encoreのシナリオ運びとなりそう。
 穏やかではあるけれども何か壊れそうなガラスを運んでいるかのような作りを感じずにはいられないところではあったりする。

 Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~は 本編とコラボしつつも本編が忘れてしまった穏やか要素を持ってきた作品ではあるよなぁ。 いつか本当にかしまし娘たちもサーヴァントの憑代として登場する日もやってきたりするのだろうか?啄木とか本当にあの宝具で実装されたらとんでもないことにはなるな。実装する気さらさらないからと言われてあの仕様なんだろうけれども後々本当に登場したりするやつ。
 一成とか聖杯戦争に参加することは絶対にありえないからある楽しそうだ。 しかしながら一番驚いたのは楓がしっかりと結下三だったことかも。

 2018年もFateということは2020ぐらいまではFate。それ以降もFateしていそう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示