十二大戦 9話 「二兎追う者は一兎も得ず」 感想!

虎も人の子

虎回

 ゾンビというか歩き使者としてよみがえったものの処理どうするのか?と言う疑問に対する回答回でもあったように感じられるところではある。凍らせて粉々にすればちゃんと処理されるらしいという。大会の主催者がこれから先ゾンビたちをこの方法で処理することになるのか気になるけれど。

 虎も人の子。虎の過去が明らかになったよ。人間らしいというか暗殺者に向いていないからこそ良いに逃げた存在ではあるよな。現実を見ることをやめてしまったともいうべきだろうか?ある意味で現実的でありよい子だからこその暗殺者として生きるための道をそちらに選んだように思える虎の子だ。

 兎は本当にこれで終わり?これkだ絵あっさりやってしまっては個々mで引っ張った意味合いと言うのもないようには感じられるところではあるけれど。

 次回 「虎は死んで皮を残す」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示