Just Because! 12話 「Get set, go!」 感想!

もう少しだけ動き出して

それぞれの道

 卒業式はある意味さくら荘とは別のアプローチを出したかったということでもあるのだろうな。フェクションとしての要素が大きく打ち出されたさくら荘。そしてこの作品はとても現実的というか落ち着いたアプローチをしている作品であると感じられるところではある。一つそのアプローチが違うだけでも印象は大きく変わってくる。

 それぞれの恋の結末。波紋と反響。瑛太が返ってきたことによって起きた波紋は壁に当たって帰ってきた。それが今回のそれぞれの結末になっていると思うし起こした波紋によって周りが大きくうねりそれか自分自身に帰ってきたと感じるところだ。もしもこの恋愛が瑛太の引っ越しを契機にして始まっていなかったらどうなっていたのだろうか?

 それぞれの物語はある意味ここからが本当の始まりではあるんだよな。それだけにそれぞれの結末がそれぞれの本当の幸せに繋がっているのかというところは気になるところではあるけれどもいつか描かれることもあるのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示