ハイキュー!! 18話 「背中の護り」 感想!

壁を突き破れ

足に驚く

 伊達工との決戦。もう少し伊達工との戦いは続くものだとばかり思っていたから今回で決着がついたのには驚いた。やはり全体的に試合を引き延ばさない方向なんだなぁ。早く終わってしまうけれどもその分色こく試合を描いているようにしているのだろう。こういったスポーツものではその方向性は珍しく感じるのでらしさを手に入れているのかなとも思うところ。

 今回は孝支の存在が大きく出た回でもあるかな。試合には出ていないけれどもチームを支えている存在としてなくてはならない存在として描かれていたように思う。 こうして試合には出れていない選手を描いてくれるのはなんだかうれしさを感じるところでもあるかな。なかなかこういったところを描いてくれる作品ってのは少ないですし。
 
 伊達工の高伸の姿というか試合後の描写が何とも言えなかった。今まではめちゃめちゃいかつかったけれども試合後にはなんだか泣きそうな目になっていたし翔陽とのやり取りも何とも言えなかった。
 こんな形でほりっ下げてくるとは思っていなかったからよりよく感じた。  夕の足技のシーンは一番力入っていたように感じる。

 次回 「指揮者」
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示