3月のライオン 28話 「小さな世界/手紙」 感想!

自分自身を見る自分

いじめへんも終盤かな。

 腹の底から煮えくり返る気持ち。この気持ちを保持しているだけでもそれこそひなたの自分自身の強さを手に入れているということになると思う。他者から見た自分自身を自分時Sンとして刷り込むのではなく、自分自身が見た自分自身を確立させる。簡単なことのようで難しい。だからこそこの自分自身がいるものは強い。

 見方がいること。これはそれこそひなた自身が意識をしていなくともひなたにとって心強い部分になっていると感じられるところではあるのだ。それこそ心の底から煮えくり返るものが存在しているというのはこの後ろ盾が存在して支えてくれるものがあるからこそでもあると感じられるところではある。

 零が救われたのも他者から見た自分自身ではなく自分自身から見た自分自身をひなたから与えられたからでもあると感じられるところではある。この自分自身の強さは誰しも持っていたい。だけれども持てないものではあるのだから。

 next #29
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示