劇場版 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 感想!

アクシズは見えているか?

Ark Performanceによるプロットを複数の媒体で表現する企画の一つ

 でありサンダーボルト第二シリーズと同時上映された作品である「劇場版 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影」見に行ってきました。大元はガンダム初のオリジナル小説からきている作品ではあるけれども企画としてはアニメは先に存在したらしく「Ark Performanceによるプロットを複数の媒体で表現する企画の一つ」として作られた作品ではある。

 短編webアニメーションとして先行公開された作品ではあるけれどもサンダーボルトと同じく「+α」して劇場仕様になっている作品ではある。だからこそ上映時間としては短く収まっている作品ではあるがアニメストーリーとしては一つの章としてまとめ上げられた作品にはなっていると感じられるところ。

 どちらかといえば「Ark Performanceによるプロットを複数の媒体で表現する企画」としてのプロモーションアニメとしての側面が強いように感じられる作品ではあった。だからこそこの企画がこれから広がっていきますよ!と言う告知をするための作品ではあるかな。これから物語をより展開していくように感じられたわけではあるし、なおかつこの作品を単体で楽しむには原作及び中核である小説版を知っておく見ておくのが必要がある作品であると感じられたところだ。

 ガンダムUCとF91の間を描いた作品でありいわゆるアクシズ落としに失敗したアクシズを舞台に描かれる作品。しかしながらサンダーボルトをきっかけにしてという訳ではないけれども、ガンダムが敵サイドつまり主人公サイドではない作品も増えたように感じられるところではあるかな。
 ジオンのパイロットしかも女性でありつつメカニックという非情にマニアック?な経歴を持つ主人公と言うのが出来るのも近年ならではの要素ではあると思う。富野監督いわくガンダムである条件には主人公は少年というところはあるので底から考えるとこの作品は外れるわけではあるが。

 作品の時代が時代なだけになんだかニュータイプ(or強化人間)×サイコフレーム=最強の理論を見せられているように感じられ所もあったと感じる作品ではあった。ニュータイプや強化人間が強すぎてというかモハヤ的な死のような状態になっているのは個人的にはなんだかもやもやするところではあったりする。

 アルレットやダントンの人物背景とかメーメットを含めた関係性や廃語での物語、各個人の掘り下げとか舞台背景とか極力物語ストーリーとして分かるものを分別して最低限度の物語要素として抽出された演出になっているから、これこそ大元を知っておかないと楽しめない作品になっていると感じられる一番の要素ではあると思う。 そう考えるとアニメとしてはなんだかもっと色濃く展開できるものを早めにドリップしてしまったという感じであるので惜しいかなと感じられるところではあるんだよね。

 アクシズにサザビー残っていたけれどもあれ良く残っていたよなぁと感じられるところではあったり、下手したら恐ろしい要素がゴロっとそこにいるということにはなるわけではあるので…。

 アルレットはパイロットとして見出されず技術者として赤い彗星に見出された。と言うのも普段はない着眼点のように感じられる。そこに人を殺せないテストパイロットと敵方として登場した同じ強化人間。物語はこれからどのように転がっていくことになってくるのだろうか? そこはそれこそこれからの中核の進行次第というところはあるけれど。

 まさにこういった要素を持つ新しいガンダム作品にこうご期待!と言う作品ではあったと思う。だからこそ勿体なさが先行する作品ではあったかなと思うところだ。 この作品としてはプロモであり企画の一つではあるので遠からずしっかりとしたアニメシリーズ企画としての本作に会いたいものだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示