エロマンガ先生 12話 「エロマンガフェスティバル」 感想!

楽しさはいつまでも

ある意味逆羞恥大会

 ヒロイン全員集合という訳ではないかもしれないけれどもヒロインが全員登場するというこれから先永遠にないかもしれないなラストエピソード。正宗がどんな道を選ぼうともそれこそ厳しい道だけが待っていることだけは確かだろうと感じられるところではある。しかし正宗ならば乗り越えてくれるさ。

 智恵やめぐみはもっと登場してもいいと思うんだけれどもなぁ。こんな短い時間にだけしておくにはもったいないと感じるところではあるしこれからいくらでも掘り下げることが出来る人たちであると思えるのでこれから先にエピソードがあるのであればもっと霧拡げていってほしいと感じられるところではある。

 エロマンガ先生だからこそラストはエロマンガな展開になったのだろうか?原作者だからこそこんな風に出来るんだというのを見せられたようにも感じられるところではあるけれども。正宗と紗霧お互いを知ったからこそ広がった世界。この世界こそ2人が紡ぎ出した世界でもあると思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示