ID-0 12話 「実存人格 STILL HERE」 感想!

本能が揺さぶられる

ファルザと和解する晩年

 自分の中に頃自分自身がいる。他のなにものでもなく他の何物にも慣れない自分自身。ソーラン節は公式サイトにほぼ最初期から挿入歌としてしてあることは明記されていたけれどもまさかラストのこんな所で入ってくるとは思ってもいなかったなぁ。逆にここで入られるから謎そらーんぶすがここに入ってくるのか意図がより分からなくなってくるところ。

 1クールとしての落としどころとしてはここまでという部分はあるかもしれないなぁ。有楽翁たちがどうなったのかというのが置き去りになってしまっているからそう考えると大きな目標を退けることによって大きな物語のオチとしたように感じられるところではあったりする。イド=物語の中核が記憶に関する物語の根幹を出しているところもあるし。

 それぞれの晩年はもっと詳しくてもよかったかもしれないけれどもリックの晩年はそれでよかったのだろうか?いくらなんでもちょっとかわいそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示