武装少女マキャヴェリズム 11話 『胸に残るあの日の「弾丸」』 感想!

過去を抉り出す拳

友を求める拳

 不動と斬々の過去。友人になれたかもしれない存在と友人になることの出来なかった現実。友人になることはなかったはずの存在と友人になることが出来た現実。ボタンの掛け違いがここまで大きくなってくるとは。友人同士のままでいることが関係が壊れることがなかったらどうなっていたんだろうか?

 斬々も罪作りというか何とも自分自身を表すことのできない人間よの。もっといやもう少しだけでも違っていたらと思うと…でも結果的に不道と斬々はどこかで戦う運命ではあったのかもしれない。戦わなければ言葉を交わすことなんて出来ない存在だったからこそこの戦いは必然であるともいえるところだ。

 不動によって動かされたものによる集いのような決戦。斬々と凛たちの間に流れるものは大きく違っていたわけではあるけれどもいつかその流れを同じくする時もやってくるのだろうか。不動によって動かされたからこそ可能性があるといえるけれど。

 次回 『少女達の「マキャヴェリズム」』
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示